留学の目的による目処

留学には語学留学と大学留学があります。大学留学では、求める学位を含めた将来的なプランと、そのために必要な予算を十分に検討する時間が必要です。書類の用意も時間がかかるので、一般的には1年半以上の準備期間が求められています。その間に、一定レベルの語学力を身に付けていないと、外国語での授業についていけないなどの問題があるので、準備完了のタイミングを読むことになります。

また、語学留学は気軽に出来る印象となっていても、半年程度の準備期間が必要です。学校選定や入学申し込み、そしてビザ申請もすぐに終えることが出来ないからです。語学留学も大学留学も、現地に行ってから住む場所を決めるのではなく予め滞在場所を決定する必要もあるでしょう。

日本の学校は新学期が4月から始まるのが一般的ですが、海外の学校は9月に新学期を迎える場合が多いので、1年間の中でもサイクルが違うことを理解しておきましょう。この違いが判らないと適切なタイミングで留学の準備をするのが難しくなります。7月~8月頃に慌てて申請手続きをすると、混みあって対応が遅れることもあるので注意しましょう。

留学できる語学力のレベルと把握した上で、以上のタイミングに合わせた準備をするのが理想的です。

外部リンク→http://cebu-smart-academy.com/

留学ビザによる条件

留学は海外に一定期間の滞在をするので、ビザの申請が必要となります。国によって異なりますが、アメリカの場合は1週間に18時間以上の講義を受ける場合にもビザの申請が求められています。このように学生ビザの取得をする場合は、特に年齢制限を設けていませんが、ワーキングホリデービザを使用するなら年齢の確認が必要でしょう。

イギリスなら18歳以上31歳未満、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ドイツ・フランスは18歳以上30歳以下、アイルランドは18歳以上25歳以下と規定しています。つまりワーキングホリデーを使用して留学するには年齢によるタイミングを考えなくてはいけないことになります。

ワーキングホリデービザは、学校に通いながらアルバイトも認めているビザです。学生ビザの場合は就学を目的としていますので、ほとんどの国でアルバイト就労を認めていません。留学生活に幅広い活動を希望する方は、ワーキングホリデーを利用するケースも増えています。

留学先によって、留学ビザやワーキングホリデーの利用条件が異なっているので、年齢も含めてタイミングを検討する必要があるでしょう。滞在条件期間がそれぞれに指定されていることや、語学力要件などの条件も異なっているので詳細まで確認して下さい。

留学を検討する時期

留学は社会人になってからも出来るので、特にタイミングにはこだわらなくてもいいように見られています。しかし、どのような目的で留学し、どのビザを取得するのかによって条件が定められていますので、タイミングを見極めて留学することが大切です。このサイトには留学のタイミングに関する情報を掲載しています。留学を希望する方に役立つ情報となれば幸いです。

海外で一定期間を過ごしますので、現地の物価に合わせた予算を検討しながら留学の総費用を確認することも重要ですし、留学先の学校によっては語学力のレベルを確認してから受け入れるケースも見られます。留学準備と並行してしなくては行けない手続きが多いので、留学のタイミングを熟考してから決定しましょう。

一部のビザには年齢の指定がありますので、そのタイミングを逃すと利用することが出来なくなります。早い段階で留学に希望することを明確にして、最適なビザを取得できるようにしましょう。また、日本とは異なる学校の仕組みがあるため、新学期のスタート月も異なります。海外事情を把握しておくと、タイミングを損ねることはないと言われています。

初めて留学をする方は、通っている学校の担当者と相談するか、留学の手配を行っている業者に依頼するなどして、第三者のサポートを受けることも可能です。留学の手配になれている人に相談出来れば、手続きがスムーズになる他、無用なミスやトラブルを避ける事にも繋がるでしょう。滞在先で安全院過ごすコツなども学べるので、源氏に行ってから不自由な思いをすることが減ると言われています。