留学は海外に一定期間の滞在をするので、ビザの申請が必要となります。国によって異なりますが、アメリカの場合は1週間に18時間以上の講義を受ける場合にもビザの申請が求められています。このように学生ビザの取得をする場合は、特に年齢制限を設けていませんが、ワーキングホリデービザを使用するなら年齢の確認が必要でしょう。

イギリスなら18歳以上31歳未満、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ドイツ・フランスは18歳以上30歳以下、アイルランドは18歳以上25歳以下と規定しています。つまりワーキングホリデーを使用して留学するには年齢によるタイミングを考えなくてはいけないことになります。

ワーキングホリデービザは、学校に通いながらアルバイトも認めているビザです。学生ビザの場合は就学を目的としていますので、ほとんどの国でアルバイト就労を認めていません。留学生活に幅広い活動を希望する方は、ワーキングホリデーを利用するケースも増えています。

留学先によって、留学ビザやワーキングホリデーの利用条件が異なっているので、年齢も含めてタイミングを検討する必要があるでしょう。滞在条件期間がそれぞれに指定されていることや、語学力要件などの条件も異なっているので詳細まで確認して下さい。